あるテキストを書いていて、「咳が出て、痰も出る」と言いたいところを、

 

有咳嗽,也有痰。

 

と書いたところ、共同執筆者である中国人の友人に、

 

咳嗽的时候还有痰。

 

と直された。

こういうところでは“也”ではなく、“还”の方がふさわしいようだ。指摘されて、なるほど、と思った。

こんな例文を出して説明してもらった。

 

她会唱歌,会跳舞。

 

だと、「歌が歌えて、ダンスも踊れる」という並列関係になるが、

 

她会唱歌,会跳舞。

 

だと、「歌が歌える上に、さらにダンスも踊れる」という意味になる。

最初に何かがあって、さらにそこに何かが足されるニュアンスだ。

「咳が出て、痰も出る」は、ただの咳ではなく、痰「まで」出てくる、という意味なので、“还”の方がふさわしくなる。

頭ではわかっていても、実際に表現してみると、こういうところに引っかかってしまうものだ。

知識と運用の間には、深くて広い川が流れている。

 

こちらの本は、中級から上級へとステップアップしていくにあたっておすすめの本です。

 

 
———-
にほんブログ村に参加しました。
よろしければ応援クリックお願いします。役に立つ記事を執筆する励みになります。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
———-