YouTubeで無料のアニメを公開している「WEB玉塾」の玉先生が、解剖生理学の内容をまとめあげた1冊をご紹介します。名付けて、『のほほん解剖生理学

この本を、医学知識ゼロで医療通訳を志す方の、最初の参考書としておすすめします。

「医療」というのは、誰もが接点のある分野ですし、直接人の役に立つことができる分野です。

そして、外国語をやっていて、「医療の分野にも関心はあるけど、なかなか勉強をする機会がない」と思っている人はとても多いように感じます。

外国語っていわゆる「文系」の人が学んでいることが多くて、高校でかろうじて生物をやっただけ、というパターンが多い。

かくいう私もそれで、鍼灸師になるために、結構苦労して解剖生理学を学びました。そして、いまも学び続けています。

この本の「はじめに」に、こう書かれています。

解剖生理学って普通は学校で1、2年かけて学ぶんやけど、WEB玉塾のアニメ動画なら全部で6時間、この本だったら1ページ1分で読んでいくとしても5時間で終わらせられるから、授業が難しくて悩んでる人とか、高校で生物をとってなくてこれから不安って人は、苦しんだり悩んだりするのもええけどまずはこの1回この本を読んでみてくれ!

同じ内容の動画を、ネットなら無料で見られます。でも、私はやっぱり紙の本が好きで、いつでも気が向いたときに手にとって、線を引いたり付箋を貼ったりしながら読みたいので、本書を購入しました。

何よりも、サイトの「はじめに」に書かれている玉先生の言葉に共感しました

そこにはこう書かれています。

俺ら日本の一般人が外国の偉い人よりいい暮らし(近所に店があって、職業選択は自由、ウォシュレットもあるし、医療や保険で病院で治療受けられて、何より命が狙われない)ができるのは日本が世界の中で勝ってるからです!世界で日本が勝つことは国内で勝つよりも生活に強く影響するんです!

てか何より自分が必死に頑張りたくなるくらいの夢を追える国で生きていたいんです♪そのためにはそんな国を1から作るよりも今の日本をそんな国に帰る方が楽でしょ?俺は俺が生きたい日本にする!だから偽善とかではなく俺は俺の意志で俺のためにWEB玉をやっています☆

この本をお金を出して買うことで、少しでも玉先生の応援になるのではないか、という気持ちもあります。

表紙を折り返したところにはこう書かれていました。

誰かを助けたいと思ったとき

気持ちだけでは助けられんから

オレ達たちは学ぶんや!

本当にそのとおりだと思います。時間とお金と労力を使って学ぶ、それこそが、誰かを助けたいという気持ちを最も強く表すことになるはずです。

みなさんもこの1冊をとっかかりにして、どんどん難しい本にもチャレンジしていってみてはいかがでしょうか?

 
———-
にほんブログ村に参加しました。
よろしければ応援クリックお願いします。役に立つ記事を執筆する励みになります。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
———-
 
 
講師の岡本悠馬は鍼灸師です。
神戸市中央区の鍼灸専門治療院・南天はり灸治療院
logo31