翻訳をする際には、書籍や資料を開いたままにしておく必要があります。
本を手で押さえようとして、すぐにページが閉じてしまい、イライラすることってありませんか?

そこで活用しているのが、このブックストッパーです。

stopper2

ページを挟むクリップに、真鍮の重りがついていて、見たいページを開いたままにしておくことができます。

このように、2個セットで使います。

stopper1

ひじや腕で押さえつけていると、変なところに力がかかって、腱や筋を痛めかねません。
価格もリーズナブルなので、文章を書く人は必携のツールといってよいでしょう。

また日を改めてご紹介しますが、これとブックスタンドを合わせて使うことで、2種類の資料を同時に参照しながら執筆作業を進めることができ、大変助かっています。

快適な作業環境作りを工夫することも、仕事のうちです。

———-
にほんブログ村に参加しました。
よろしければ応援クリックお願いします。役に立つ記事を執筆する励みになります。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
———-
 
講師の岡本悠馬は鍼灸師です。
神戸市中央区の鍼灸専門治療院・南天はり灸治療院
logo31