よく「中国語の文法は英語に似ている」と言われます。

確かに、基本となる語順だけを見てみると、英語も中国語もSVOの言語なので、この点では似ているといえるでしょう。

 

I love you.

我 爱 你。 (あなたを愛しています)

 

しかしながら、何から何まで英語と中国語が同じになるわけではありません。

文法的には日本語と同じ振る舞いをするものも目立ちます。

そのなかのひとつが、疑問文の作り方です。

 

一般疑問文 “~吗?”

日本語の「お茶を飲みます」という文は、文末に「か」をつければ疑問文になります。

 

お茶を飲みます。

→ お茶を飲みます

 

中国語もこれと同様に、平叙文の文末に“吗ma?”をつけることで疑問文を作ることができます。

疑問文には必ず “(问号 wènhào)”をつけます。

 

你喝茶。 Nǐ hē chá. (あなたはお茶を飲む)

→ 你喝茶吗? Nǐ hē chá ma?(お茶を飲みますか)

 

疑問詞疑問文“谁”、“什么”など

 

「誰」「何」「いつ」などを表す「疑問詞」の扱い方も、日本語と中国語ではよく似ています。

日本語では、尋ねたいもの(「人」、「モノ」など)にあたる部分に、疑問詞を代入します。

 

がご飯を食べるの?

がご飯を食べます。

 

中国語も同様に、疑問詞が出てくるからといって語順が変化することはなく、そのまま代入します。

 

吃饭? Shéi chī fàn? (誰がご飯を食べるの?)

吃饭。 Wǒ chī fàn.(私がご飯を食べます)

 

你吃什么? Nǐ chī shénme?(何を食べるの?)

→我吃点心。Wǒ chī diǎnxīn. (お菓子を食べます)

 

他们什么时候去? Tāmen shénme shíhou qù? (彼らはいつ行くの?)

→他们今天去。 Tāmen jīntiān qù.(彼らは今日行きます)

 

你要哪个? Nǐ yào něi ge? (君はどれがほしいの?)

→我要那个! Wǒ yào nèi ge! (私はあれがほしい!)

 

“~吗?”がつくのは「はい」か「いいえ」の疑問文だけ

 

日本語の「か」と中国語の“吗?”は、平叙文につけるだけで疑問文を作れるという点ではよく似ています。

しかし、日本語の「か」は、どんな文につくこともできるのに対して、中国語では「はい」か「いいえ」で答えるタイプの疑問文(諾否疑問文)にしか“吗”をつけることができません。

 

あなたはテレビを見ますか。
(答えは「はい」か「いいえ」)

你看电视吗? Nǐ kàn diànshì ma?

 

あなたは何を見ますか。
(答えは「テレビ」や「映画」などの具体的なもの)

你看什么? Nǐ kàn shénme?

❌你看什么

 

疑問詞によって疑問文だということがわかるので、あえて“吗”を入れる必要はない、という風に理解してもいいでしょう。

 

練習問題

次の文を中国語に訳しなさい。

(1)あなたはコーラ(可乐kělè)を飲みますか。

(2)彼は果物(水果shuǐguǒ)を食べますか。

(3)彼女は何を飲みますか。

(4)誰がコーヒー(咖啡kāfēi)を飲みますか。

(解答はページ最下段です)

 

 

ご質問、ご意見、間違いの指摘などはコメント欄やお問い合わせフォームからお願いします。

 

中国語文法を基礎から体系的に学ぶにあたっては、この本をおすすめします。

 

 
———-
にほんブログ村に参加しました。
よろしければ応援クリックお願いします。役に立つ記事を執筆する励みになります。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
———-
 

練習問題の解答

(1)你喝可乐吗?

(2)他吃水果吗?

(3)她喝什么?

(4)谁喝咖啡?