わたしは「勉強の仕方を勉強するのが勉強だ」と思っていますので、勉強とは孤独にやるものだと信じていますが、ただひとつだけ例外があります。

それが「発音」です。

悪いことはいわないから、独学はおやめなさい。

わかりましたか?

 

…うん、いい返事だ。

わたしはちゃんと忠告しましたからね。

…え? 知り合いの中国人に習ってみる?

その知り合いってどんな人?

…留学生?

…来日1年?

やめときなさい。

わたしは独学はやめなさいと言ったけど、習うなら誰でもいいとは言ってません。

…別に差別しているわけじゃありません。

別にその留学生がアホだと言っているのではありません。

…なぜって?

わかりました。理由を言いましょう。

あなた英語はわりかしできるみたいだけど、じゃあ、「百貨店」って日本語でどうやって発音するか、英語で細かく説明してみてよ。

ほら。

はやく。

さっさと言って。

いますぐ言って。

「ひゃっかてん」

「ひ ゃ っ か て ん」

ですよ。

簡単でしょ?

「ひゃ」の音の出し方は?

「っ」はどうやったらいいの?

舌の位置は?

唇の開き方は?

息の出し方は?

「ん」ってどんな音なの?

英語で言ってみ。

ほれほれ。

英語が難しかったら、日本語でもいいから、言ってみ。

早く。

は や く。

え?

そんな教え方はしない。

自分の発音を真似させる、だって?

合ってたら「OK」を出すし、間違ってたらお手本を聞かせる、だって?

じゃあ、いつまでも「OK」じゃなかったら?

「どうしたらOKになるのか?」って質問されたらどうするの?

…え?

「できるようになるまで真似させる」だって?

だいぶ時間がかかりそうだね…

それって時間と労力がもったいなくない?

ひたすら真似させるのはいいけれど、教える君も疲れちゃって、適当なとこで「OK」出してしまいそうじゃない?

 

 

わたしたちは日本語が自由自在に話せますが、だからといって、いや、だからこそ、自分がどうやって日本語の音を出しているのかについて、無頓着なのです。

教えるための訓練を経ていない、ただのネイティブにとって、こんなに難しいことはないのです。

母語で説明するのだって難しいのだから、相手の母語、つまり自分にとっての外国語で教えるとなると難しさが倍になります。

だから、発音を母語話者に習うというなら、中国語教育の訓練を受けたプロの教師を選ぶべきです。

それなりのコストはかかります。

たしかに留学生だったらそんなに高くない時給で教えてくれるかもしれないけれど、あまりおすすめはしません。

間違った方法で固まってしまった音を矯正するのは、大変な労力がかかるからです。

最初に目先の安さや手っ取り早さに目がくらむと、後で大損こきます。

 

教師を見つけたら、その人に、どうやって音を出すのかを、徹底的に質問しましょう。

「その音は違う」と言われたら、

「どう違うのか」

「どこを改善すればいいのか」

をたずねてみましょう。

あなたの質問に対して、納得のできる答えをくれる教師であれば合格。

「とにかく真似して」

という、「説明放棄型」や

「もっときれいに」

などの「曖昧模糊・印象派」

の教師であれば、即刻、迷うことなく、一瞬の躊躇もみせず、容赦なくクビにしましょう。

お金は取られる(まさかタダで教わろうという魂胆ではないでしょうね)。

時間は取られる。

正しく教えてもらえない。

これぞまさに、中国発音三重苦。

損をするのはあなたです。

そのようなことにならないためには、あなたが主導権を持たねばなりません。

 

舌はどうするか。

唇はどうするか。

音の上げ下げはどのくらいか。

筋道立てて、具体的に、自分にわかる説明をしてくれる教師を雇いましょう。

(やる気があって、練習もしっかりしているのに)あなたに理解できないのは、あなたのせいではありません。

そこは教師のせいにして構いません。

 

発音さえ身につけてしまえば、後は独学でもなんとかなります。

それでも、ときどきはチェックしてもらいましょう。

知らない間にズレていくことがありますから。

 

どうしても、どうしても独学しか方法がないという方には、この本をおすすめします。

大学受験の「実況中継シリーズ」のような、講義調のテキストで、読みながら発音の方法が学べます。

hatsuon

すでにどこも品切れになっているようで、こんな良書に重版がかからないとは、中国語業界に神はいないのでしょうか。

Amazonでチェックするたびに中古価格が上昇していますが、本気で中国語の発音を習得したい人は、この金額でとびきり楽しくてためになる授業が受けられると思ってすぐに購入しましょう。

 

———-
にほんブログ村に参加しました。
よろしければ応援クリックお願いします。役に立つ記事を執筆する励みになります。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
———-
 
講師の岡本悠馬は鍼灸師です。
神戸市中央区の鍼灸専門治療院・南天はり灸治療院
logo31