ある程度のレベルまで中国語を学習し、そこから抜け出せない「さまよえる中級者」を脱するのに必要なことは、

自分の母語である日本語と、対象言語である中国語はどこでどうズレているのか、を理解することだと考えています。(中国語に限りませんが)

英語など、文字も文法も大きく隔たっている言語であれば、まったくの”他人”である分、違いに目が向きやすいです。

しかし、中国語は日本語とは別系統の言語であるにもかかわらず、共通の文字を使い、お互いに複雑な語彙の”輸出入”をしているために、その違いに目を向けることが難しくなってきます。

日本語を母語とする人が、中国語を学習するときには、語の使い方に違和感を覚えることが多いはずです。

いちいち考えていると学習が進まないので、

「そういう習慣なんだな〜」

で流してしまうことが多いのですが、違いの背後には、両言語がみている世界の大きな隔たりが存在します。

その隔たりがどのような幅・深さを持っているかを認識せずに、あちら側へ飛び移ることはできません。

本書は、そのような隔たりやズレに、素晴らしい観察眼で着目し、鋭い洞察をくわえています。

 

「私は午前行きます」が不自然で、「午前”中”に行きます」の方が自然なのはなぜか。

中国語では“我上午去”(私は午前に行きます)でまったく問題ないのです。

そこに日本語話者の一日の区切り方がみえてくる、と著者は指摘します。

 

ここで紹介したのはごく一部の例ですが、本書を読めば、「そういう視点でみれば、日本語と中国語のズレが腑に落ちて理解できる」

という考察がたくさん提示されています。

 

上級を目指すにあたっては

「もっと難しい表現を知らねば」

「もっと語彙を増やさねば」

と、教材の難度を上げることに目が向きがちです。

しかし、1年生で習うような簡単な表現と母語のズレ、それが何によるものかを、「そういう習慣だ」と流してしまうことなく、著者のようにそこに踏みとどまって考察を加えることが、結果的に後の上達・深い理解につながってくるのだと思います。

ぜひ一度読んでみてください。

このブログでは、書店ではあまり目立たない、けれども本当に役に立つ書籍を紹介したいと思っています。

 

(Amazonのレビューに、「双方の差異を論ずるのに適格な知見があるのかという疑念が本書にはついて回る」と批判するレビューがありますが、的外れだと思います。著者はこれまでの言語学的蓄積を踏まえつつ、一般書としてわかりやすいレベルで論を進めていますので、決して無責任な放談をしているわけではありません)

にほんブログ村に参加しました。
よろしければ応援クリックお願いします。役に立つ記事を執筆する励みになります。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
———-
 
講師の岡本悠馬は鍼灸師です。
神戸市中央区の鍼灸専門治療院・南天はり灸治療院
logo31