中国語を勉強していてよかった。

中国語を勉強していなかったら、流されやすいわたしは、実際の中国人を知ることもなく、メディアが流す一方的な中国情報を真に受けて「中国むかつく」とか思っていただろう。「中国なんて絶対行かねえ」とか思っていただろう。

(いまだって政治のニュースなどを見ると、ちょっとそう思ってしまうし…)

中国語を勉強していなかったら、「人を大切にする」ということが、文化によって異なることもわからず、自分たちのやり方が常識だと、思い込んでいたことだろう。

思い込んでいることにすら気づくことはなかっただろう。

中国語を勉強していなかったら、いろいろなものが許せない、窮屈な人間のままだっただろう。

中国語を勉強していなかったら、日本語がこんなにも豊かで、深みをもった言葉であることを知らずにいただろう。

中国語を学ぶことによって、自分の母語がどのような言葉であるのかを、多少なりとも突き放して眺めることができた。

日本語から見える世界だけが、この世のすべてではなかったのだ。

完璧な翻訳機が登場しても、外国語から世界を眺めたときのあの驚きを、生々しく体感することはできない。

どんな立派な翻訳機ができても、この驚きを味わえるなら、面倒でも、時間と金がかかっても、恥ずかしい思いをしても、外国語を学ぶ価値はあるだろう。

 

「学んだ言語の数だけ、人間らしくなっていく」

ということわざは、真理だと思う。

 

だから「中国語」の部分には、代わりに何語が入っていてもいい。

あなたにとって、それは何語になるだろうか。

 

中国語以外にも、そんな言語がたくさん持てれば、わたしもどんどん人間に近づいていけることだろう。

早く人間になりたい。

———-
にほんブログ村に参加しました。
よろしければ応援クリックお願いします。役に立つ記事を執筆する励みになります。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
———-

 

講師の岡本悠馬は鍼灸師です。

痛みの症状はもちろん、病院で治らない「めまい・立ちくらみ」「眼科疾患」などの治療を得意としています。

神戸市中央区の鍼灸専門治療院・南天はり灸治療院
logo31