スマートフォンをはじめとするデジタル機器を使った勉強が当たり前になってしまった昨今ですが、わたしは最近「書き写し学習」をしています。

やり方を説明するまでもありません。

ただひたすら、気に入った文章を書き写すだけ、です。

わたしはA5のノートに1行空けて書き写しています。
一般的なB5のノートよりもページが早く埋まってくれるので、達成感があります。

見開きで2ページ書き写したあと、全体を軽く読み返し、知らなかった単語、気になった表現に赤線を引いて、ピンインや訳語を書き込んだりしています。

書き写すときに心がけているのが、「暗唱・音読しながら書く」ということです。

まず、お手本になる文章を音読し、できるだけ覚えてしまいます。一文、できれば一行、きりのいいところまで覚えてから、それを書き写します。

そして、書きながらブツブツと繰り返しその文をつぶやいています。

そうすると、一文書いているうちに10回くらいは音読できてしまいますので、短文の暗唱トレーニングにもなります。

あまり長編になると終わりが見えなくてつらいので、短めのエッセイやショートショート(微型小说)などがおすすめです。

わたしは先日、毛沢東の《为人民服务》(人民に奉仕する)を書き写しておりました。