Twitterを通じてお友達になったMarieさんのブログ記事に触発されて、わたしも「ストレングス・ファインダー」なるものをやってみました。前々から存在は知っていたのですが、本のタイトルがイヤでずっと敬遠していました。

とはいえ、気にはなっていたことですし「おもしろそうだな」と思いて取り組んでみたのです。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』というコテコテの自己啓発書タイトルが本当にイヤ(笑)。

書籍についているコードを入力して、オンラインで質問に答えるという形で診断が行われます。
これが30分くらいかかるのでけっこう大変です。よくわからない質問もありました。

しかも「途中でやめられません」と脅されるので、邪魔が入らない環境で行うことをおすすめします。

診断によって、34の資質から、自分の強みである上位5つの資質が選ばれ、アドバイスがもらえるという方式。昔、学校で心理テストが流行ったのを思い出しました。

わたしの「強み」は以下の5つだそうです。

1.内省(Intellection)

内省という資質を持つ人は、頭脳活動に多くの時間を費やします。内省的で、自分の頭の中で考えるのが好きで、知的な討論が好きです。

2.収集心(Input)

収集心という資質を持つ人は、より多くの知識を求める知りたがり屋です。ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積したりするのが好きな人が、このタイプに多くみられます。

3.学習欲(Learner)

学習欲という資質を持つ人は、学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。

4.活発性(Activator)

活発性という資質を持つ人は、アイデアを実行に移すことにより結果をもたらします。じっとしていることができないことが多いものです。

5.自己確信(Self-assurance)

自己確信という資質を持つ人は、自分の能力と判断力に自信を持っています。まるで、自分が正しい方向へ進んでいることを教えてくれる羅針盤が体内に備わっているかのようです。

 

その上で書籍の当該ページを読むとさらに詳しい解説があって、行動の指針、相性の良い人、といったアドバイスを得ることができるという仕組みです。

おおむね、今の仕事(中国語の仕事とか鍼灸師とか)、と親和性が高そうです。独立にも向いている資質だそうな。まあ、「あなたに向いているのはボブスレーの選手です!」とか「今すぐチーターの飼育係になりなさい」とか言われても困りますからね(そんな具体的な記述はないでしょうが)。

人生は長いですから、このようなテストを一度受けておくと、今後の指針を決める参考になるでしょう。

2,000円しない値段でこの助言が受けられたので、決して高い買い物ではなかったと思います。

ご関心のある方は、受けてみてはいかがでしょうか?