神戸元町・花隈の中国語教室

ブログ

医療通訳の学習、解剖生理はマンガでイメージを―『まんが 人体の不思議』

医療通訳を学ぶにあたって、「何をどのくらい学べばいいのかわからない」という疑問を持つ方が多いようです。 もちろん、知識はあればあるほどいいのですが、無限に勉強できる時間とエネルギーがあるわけではありません。 わたしが大体 …

書き写し学習のすすめ

スマートフォンをはじめとするデジタル機器を使った勉強が当たり前になってしまった昨今ですが、わたしは最近「書き写し学習」をしています。 やり方を説明するまでもありません。 ただひたすら、気に入った文章を書き写すだけ、です。 …

ふざけてるようでしっかりツボを押さえた文法の本『チャイ語入門 李先生の中国語ライブ授業』

白水社から発売されている『チャイ語入門 李先生の中国語ライブ授業』という一冊を紹介します。 いつから始まったのか知りませんが、学生はよく中国語のことを「チャイ語」と呼ぶのですよね。 わたしの母校でも「中国学科」はよく「チ …

中国語に生まれ変わる名前

毎年ゴールデンウィークに行っている作業が、この名前カードづくりです。 これはサンプル。自分の名前で作りました。 大学1年生の授業では、4月と5月をみっちりと発音の習得に費やしています。中国語は漢字を使う言語ですが、この間 …

中国語の表現力が身につく本―『中国語学習シソーラス辞典』

『中国語学習シソーラス辞典』(相原茂・編 朝日出版社)という一冊を紹介します。 「シソーラス」というのは類語辞典のことで、必要な表現を見つけ出すために単語同士の関係性によって分類を行い、体系づけた辞典をいいます。 &nb …

はみがき模型で発音指導!

  4月です。 出講先の大学でも、新入生が入り、まっさらな気持ちで中国語に触れる学生との出会いがありました。 この時期は、新しい外国語に触れる学生たちのキラキラした眼差しがまぶしくて、はりきってしまいます。 中 …

会話と読解の両方が学べる―『日本人が知りたい 中国人の当たり前』

最初のテキストを終えて、文法事項をひととおり学習した生徒さんの授業で使っているテキストを紹介します。 『日本人が知りたい 中国人の当たり前』(林松濤、王怡韡、舩山明音 著、三修社)という本です。 三修社からシリーズで出て …

今、できることを続けること―『二人会』に参加してきました

昨日、東京と関西で中国語原書会を主催されているAyumiさんと天天さんによる、「二人会」に参加してきました。 「原書会」というのは、参加者同士がそれぞれのおすすめ書籍を持ち寄り、その魅力を存分に語り合うという会のことです …

よくあるご質問

半年でHSK3級に合格 ―「生徒さんの声」を更新しました

当教室で初級から中国語を勉強されている生徒さん(30代・女性)からの声をご紹介いたします。     この生徒さんは、月2回通学されています。 学習を始めて半年で、HSKの3級(300点満点中286点) …

2017年春の『レベルアップ中国語』で発音に自信をつけよう!

(今回の記事は、SC神戸中国語スクールの森川先生から教えていただいた情報を参考にしました) 春になると手を出したくなるのが、NHKの語学講座ですよね。 なぜかいまは「NHKゴガク」と、カタカナになってしまっていますが、な …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 南天中国語研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.