神戸元町・花隈の中国語教室
ブログ

中国語の文法

完了の“了” ―アスペクト助詞

文末につく“了”は、ある状態が別の状態に「変化」したことを表すものでした。 中国語には、もうひとつ“了”の使い方があります。それが今回学ぶ「完了の”了”」です。 「完了」とは、ある動作が終わったことを表すものです。 完了 …

レッスンのご紹介

連動文 ― 時間順序原則

2つ以上の動作が連続して起こるとき、中国語では「連動文」という表現が用いられます。 まず、日本語でみてみましょう。   私はアルバイトをしに行く。   この文は、「アルバイトをする」という動作と、「行 …

レッスンのご紹介

“有点儿”と“一点儿”

“有点儿”と“一点儿”は、どちらも日本語の「ちょっと」に相当する表現です。 さきに、日本語で「ちょっと」と言う例をひとつ挙げてみましょう。   「ちょっと暑い」   これをどんな場面で言うでしょうか。 …

レッスンのご紹介

“就”の原義 ―中国語学習に漢和辞典を活用する

中国語に触れていると、毎日のように目にするのが“就”という語です。 これは副詞に分類されていて、教科書などでは「すぐに、じきに」という訳語が当てられていますが、実際の用法は多岐にわたります。 例えば、小学館の『中日辞典 …

指示代詞―“这/那/哪”

中国語で「これ」や「あれ」に相当するものを「指示代詞」といいます。 日本語には「こ(れ)」「そ(れ)」「あ(れ)」の、3種類が存在しますが、中国語は“这zhè”と“那nà”の2種類だけで、日本語の「それ」は“这”で表すこ …

よくあるご質問

「変化」を表す 文末の“了”

ある状態が別の状態に「変化」したことを表すときには、文の最後に“了le”をつけます。   三点了。Sān diǎn le. (3時になった)   これを「❌ 3時だった」と訳してしまう人もいます。 “ …

疑問文のつくりかた

よく「中国語の文法は英語に似ている」と言われます。 確かに、基本となる語順だけを見てみると、英語も中国語もSVOの言語なので、この点では似ているといえるでしょう。   I love you. 我 爱 你。 (あ …

レッスンのご紹介

比較3 比較の文の否定

今回は、比較の否定を学びます。 これまでは、「○は▲よりも□だ」(○>▲)と、程度が上回っている場合の表現をしてきました。 今度はその逆、つまり「○は▲ほど□ではない」(○<▲)という表現です。   “比”が退 …

レッスンのご紹介

比較2 「差がつく」“比”の使い方

前回の「比較1 “比”の使い方」で、基本的な比較の文が作れるようになりました。 そうすると、気になってくるのが比較した結果の「差」です。 「コレはアレより安いのはわかった。じゃあ、一体いくら安いのさ?」 という具合に、「 …

レッスンのご紹介

比較1 “比”の使い方

「〜は…よりも―だ」と、何かと何かを比べるときの表現を学びます。 中国語の比較文の作り方はとても簡単です。 “比”で比べる まず、「私は弟より背が高い」という文を、少しずつ作ってみましょう。 比較文を作るには、“比 bǐ …

レッスンのご紹介
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 南天中国語研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.