レッスンと料金

レッスンの特徴

発音を大切にします

ことばの基本は音です。

特に中国語では「困ったときの筆談だのみ」で、漢字を当てにするあまり音がおろそかにされることが多くみられます。

わたしのレッスンでは、初級段階で発音の習得を再優先に行いますので、漢字に頼らない、「音」としての中国語が身につきます。

また、単にお手本を真似させるのではなく、どうすればその音が出せるようになるのかをわかりやすく説明し、繰り返し練習することで定着を図ります。

発音に関しては「ブロークンでも構わない、内容が大事」という意見もあります。

もちろん、言葉の中身が大事だということは間違いありません。

しかし、人にプレゼントをするときに、外側がボロボロの包装紙だとしたら、相手はどう感じるでしょうか?

いくら中身が素晴らしい品物でも、あまりいい気持ちがしないでしょう。

言葉も同じです。

メッセージを乗せる「音」は、プレゼントの包み紙なのです。

人の心に届ける言葉を発するときに、相手にとって聞き取りやすい発音で話すことは、礼儀、思いやりの一つである。
私はそう考えています。

反復・暗唱を大切にします

音楽やスポーツと同じように、語学の習得には反復練習が必要です。たった3日でショパンの曲を弾きこなすことはできません。

同じように、外国語学習でも自分の言いたいことを表現し、相手の話す内容を理解するのには、相応の訓練が必要です。

仕事や家庭のことが忙しくて、なかなか時間が取れなくても大丈夫。少しずつ努力を積み重ねれば、必ずできるようになります。

地道な練習の繰り返しの途中では、

「果たして自分が進歩しているのか」

「勉強の仕方はこれで合っているのか」

と、不安が頭をよぎります。そんなときに適切な指導者がいれば、あなたの状況を客観的に把握し、これからの課題や問題点を一緒に考えることができます。

学習の習慣がつきます

ここで学べる勉強の仕方は、もちろん他の外国語の学習にも応用できます。

音を習得し、基礎を少しずつ積み重ねていくことで、視界が開けたように自分の言いたいことが言える、相手の話す言葉がわかるようになる日がきます。

その瞬間の喜び、興奮は計り知れません。そのような成功体験を積み重ねていき、ある言語を高いレベルで習得できれば、ほかの言語を一から勉強するときにも自分の状況を客観的に把握でき、自分自身を律することができるようになります。

受講生の活躍

中国語弁論大会で受賞

教室や大学で指導している生徒・学生が各地の大会で優秀な成績を収めています。

2015年 第33回 全日本中国語スピーチコンテスト 大阪大会
朗読部門 大学生・大学院生の部 優勝

同 全国大会 優秀賞

2016年 第34回 全日本中国語スピーチコンテスト 大阪大会
朗読部門 一般の部 準優勝

2017年 第35回 全日本中国語スピーチコンテスト 兵庫大会
朗読部門 一般の部 優勝

2017年 第35回 全日本中国語スピーチコンテスト 大阪大会
朗読部門 大学生・大学院生の部 準優勝

2020年 第38回全日本中国語スピーチコンテスト 東京大会
朗読の部門 一般の部 優秀賞

レッスンの方法

オンラインレッスン

ZoomやSkypeを利用し、オンラインでレッスンを行っています。

開講日は原則として木・日祝以外は21:30以降、木・日祝であればできるだけご希望に合わせた時間で受講することができます。

群馬教室(はりきゅう養気院内)

群馬県の鍼灸院「養気院」にて対面レッスンを受けることもできます。

開講日は木・日祝です。詳しくはご相談ください。

レッスンの詳細と料金

発音レッスン全5回コース(学習コンサルティングつき)

¥30,000(税込)(募集は月に2人まで)

全5回で中国語の発音を初歩から丁寧に指導します。

また、プラスαのおまけとして、レッスンの課程を修了するまで、中国語学習についての相談も受け付けます。

発音でつまづいている方は、発音以外の学習方法についても悩んでおられることが少なくありません。発音と同時に、中国語の学び方も身につけることができます。

スピーチコンテストに参加される方への指導も行います(大会当日までの時間に余裕をもってお申し込みください)。単純な発音の良し悪しだけではなく、スピーチコンテストにはスピーチコンテストの振る舞い方があります。それをお伝えいたします。

中国語を楽しめるようになってほしい

発音レッスンをする動機はこれにつきます。

発音が上手にできるのに挫折した、という人を見たことがありません。中国語学習に挫折する人は、発音で挫折する人なのです。発音ができる人は、中国語の学習を続けていくことができます。

良い音を出せるようになると、自分の中国語が好きになります。そうすると、自然と声も大きくなります。声が大きくなると、相手に届きます。大きな声ではっきり話す、というのは中国語を話すときに何よりも大事なことです。

でも、日本人はシャイなので、音に自信がないと大きな声で話せません。それでは、無理をせずに、まずは音の出し方を知りましょう。自信はその後についてきます。

そして、音が出せるようになると、聞き取る力も上がります。その逆はありません。完璧に聞き取れるのに、自分が出す音はめちゃくちゃ、という人はいません。完璧に聞き取れている人は、素晴らしい発音で話します。素晴らしい発音で話す人は、完璧に聞き取れます。発音と聞き取りは、コインの表裏なのです。

相手の言っていることがわかれば、たどたどしくても会話をつなげることができます。なんとか絞り出した中国語の音が良ければ、褒めてもらえます。

耳で聞いた中国語の音がピンインでわかるようになると、知らない単語も自分で調べることができるようになります。中国語学習の独り立ちまでの第一歩です。

発音が良い、というのはいい事ずくめなのです。

発音は、中国語学習のキモです。

ここを押さえることができれば、あなたのこれからの学習は祝福されたものになります。本当です。

全5回で到達できるレベル

5回のレッスンでどこまで到達できるのか、受講時のレベル別に、おおよその目安をご案内します。

長くなりますが、最後までお読みください。限られた数の方にしかレッスンを行えないので、受講者が期待するものが提供できなかった場合にお互いが残念な気持ちになるからです。

まず、わたしの発音レッスンは「発音はブロークンでよいのでとりあえず」という方にはおすすめしません。どのような目的を持つ方であっても「こんなものか」という妥協したレッスンはしない、ということです。

「良い音を出したい。発音することを楽しめるようになりたい」と望んでおられる方のためのレッスンです。発音することを楽しめるようになることが、中国語上達への一番の近道だからです。

1.中国語初心者(学習経験なし〜独学で少し)

中国語を学んだことがない方、完全に忘れてしまった方は、「ピンイン」と呼ばれる中国語の音を表すためのローマ字表記を正確に読み、発音できるようになるレベルに到達することを目指します。他の技能で喩えると、以下のようなレベルです。

クルマの運転でいうと「ハンドルやブレーキ、アクセルの操作を知って、なんとか教習所内をゆっくり走れるレベル」

楽器の演奏でいうと「簡単な曲の音符を読み、ゆっくりと音を出していけるレベル」

となります。

つまり、まったくの初心者から5回で発音を完全に習得することは、非常に難しいといえます。自動車教習を5回受けただけの人が路上に出ることは危険ですし、ピアノのレッスンを5回受けただけの人が即興演奏できるようにはならないのと同じ理屈です。

そこは誤魔化さずにお伝えしておきます。

もし、「たった○回でスラスラ発音できる」というような文言で集客をしている教室があれば、インチキとは言わないまでも、「講師に補助されながらであればなんとか発音できる」というレベルを「スラスラ(やペラペラ)」と表現しているにすぎないと考えて間違いありません。

どれだけ革命的な、どれだけ素晴らしい教育システムであっても、言語の習得というのは学習者がどれだけ時間をかけるか、という要因が外せないからです。お仕事もあるでしょう、子育てもあるでしょう、介護もあるでしょう。そういった、学習者の個人的な要因に、教える側が介入できることはほんのわずかです。せいぜい、宿題を出したり、少しでも学習が楽しくなるように工夫をこらすくらいです(そこはわたしもがんばります)。

しかし、その要因を完全にコントロールできない以上「○回やればできるようになる」とお約束するのは不誠実なことです。

したがって、一般論として、お手本や手助けなしで、文字で書かれているピンインをスムーズに発音できるようになるには、繰り返し繰り返し、辛抱強くトレーニングすることが必要です。

もちろん、世の中には(腹立たしいことに)言語的センスにあふれた人もおりますし、5回の間に徹底して自主練習することができれば、一気にレベルアップすることは可能です。しかし、わたしを含めた大部分の学習者はそうではありません。やはり時間をかけて丁寧に音を身体に沁み込ませていく必要があります。

5回のレッスンを終えた後は、自分で中国人と会話するなり、どこかの教室の門を叩くなり、自由です。

わたしのレッスンは、初歩の初歩、中国語学習の旅をしていくために必要な手ほどきのための全5回だとお考えください。

5回の受講を終えて、わたしのレッスンで「いけそうだ」という手応えを感じていただけたなら、2周目の受講も歓迎いたします。(単回レッスンでの再受講も可能です)

継続を希望される方は最終回のレッスンの際にお申し出ください。おおよその目安をご案内します。再受講の方は、優先的にレッスンの予約を取ることができます。

2.中国語学習経験者(第2外国語や中国語教室などで学習)

ピンインの読み方はだいたい把握しており、文法もある程度習得している、というレベルの方を想定しています。

このくらいの学習経験をお持ちの方は

「なんとなく読めるけれど、自分の出している音が正しいのかどうかよくわからない」

「教室で『発音が違う』と言われて何度も練習させられるが、上手くいかない」

「上手く発音できていないにもかかわらず、問題を指摘してもらえない」

といったお悩みをお持ちです。

ご自身の発音のどこに問題があるのか、どうすればその問題点を解決できるのか、を明らかにし、苦手な部分の克服をしつつ、全体的な音の水準の底上げを図ります。

講師が外国語大学での教学で実践し、弁論大会などでも多くの入賞者を輩出してきた方法によって、誰にでもわかるやり方でお教えします。

レッスンを録画した動画をお送りいたしますので、繰り返し視聴して復習することができます。

受講回数満了までは、メール、LINEなどで中国語学習に関する質問をすることができます。質問のテーマは発音に限定しませんので、ご自身の学習の悩み、勉強方法の方針づくりになどにご利用ください。

単なるその場限りの発音レッスンではなく、

発音を中心とした総合的な中国語学習コンサルティングとしてお考えいただければと思います。

もしかしたら「厳しそう」という印象を抱いたかもしれません。もちろん、レッスンに妥協はしませんが、受講者を怖がらせたり、不安をあおったりするようなことはしません。わたしはあなたの味方です。

発音レッスン単回コース

¥6,000(税込み)

スポットでレッスンを受けたい、全5回のレッスンの後に復習で受講したい、という方のためのコースです。

レッスンを録画した動画をお送りいたしますので、繰り返し視聴して復習することができます。

中国語独学サポート

入会金 ¥20,000・受講料 ¥20,000/月(いずれも税込み)
(現在は新規受付を停止しています。順番待ちを希望される方はお問い合わせください)

中国語を独学したい方に向けた学習コンサルティングを行います。

受講者は月に2回(20〜25分間)のオンライン面談で、学習状況について講師に報告、相談し、発音の修正、教材選択、学習方法についてアドバイスをします。

1日のうちで学習にあてられる時間など、ご自身の状況をもとに、講師とともにあなただけの学習メニューをつくり、進捗を管理します。

あなたが実現したい目標から起算し、自分で計画を立て、自分で学ぶ習慣をつけられるようになります。

はじめにオンラインで面談をし、お役に立てるかどうかをこちらで判断させていただきます。

中国語独学サポートが向いている方

・勉強の意欲はあるが、何から手をつければいいのかわからない方

・日々の忙しさに流されて、ついつい勉強をおろそかにしてしまう方

・もう一度何かに挑戦し、達成してみたいという気持ちを持っている方

・少しずつでも前進できる喜びを知りたい方

受講前面談

受講を検討している方に、オンラインで事前面談を行います。(約20分間)

現在の学習で感じている壁や、将来達成したい目標などをお聞かせください。実現に向けた道筋を一緒に考えます。

目標、意欲、学習にあてられる時間などを伺い、あなたの中国語レベルを上げるために、中国語独学サポートでお役に立てるかどうかを検討します。

お問い合わせ

以下のフォームからお問い合わせください。