中国語の学び方

中国語学習にはさまざまなアプローチの仕方があります。

まず、すべての基礎となるのは発音です。発音だけは必ず信頼できる指導者から学ぶようにしましょう。

そして文法を確かなものにすること。

その後は自分の好きなところから学びはじめればよいでしょう。

ここでは、わたしが自分の勉強や、教育の場で実践してきて、大きな効果のあった学習法を紹介しています。勉強の仕方は人それぞれですから、自分に合った勉強法を作っていくことが何よりの勉強になります。

わたしの経験で、何か参考になるものがあれば、取り入れてみてください。

音読

クリック/タップして詳しく見てみる

やみくもに回数を重ねるのではなく、発音を固めた上でゆっくりと読むことから始め、次第に速度を上げていくという方法を提案しています。

自分の音読を好きになることができれば、練習が楽しくなります。

ディクテーション(書き取り/听写)

クリック/タップで詳しく見てみる

聞こえてきた音をピンインと漢字で書き取っていくという地道なトレーニングです。

一字一句漏らさずに紙に書き、自分で添削することで、苦手なところと向き合うことができ、自身の客観的な実力を測ることができます。“中国語耳”をつくるのに最適の勉強法。

短文暗唱

クリック/タップで詳しく見てみる

表現力をつけるため、ありとあらゆるパターンの文を暗唱するというスポ根な勉強法です。

中国語検定の日文中訳問題対策としても、てきめんの効果を発揮します。