神戸元町・花隈の中国語教室

自由になるための外国語学習を

外国語はどこででも、何歳からでも始められます。

年齢を重ねて、自分の暮らす環境に慣れれば慣れるほど、それとは異なる世界の存在を知る手段として、外国語学習が役立ちます。

世界には数千の言語が存在するといわれています。

学習するのはスペイン語でもロシア語でも、何語でも構いません。

大切なのは「未知の世界を覗いてみたい」「あの人たちのことを知りたい」という想像力、好奇心ではないでしょうか。

その中で、中国語が気になってしまったのはなぜでしょうか。

「ビジネスで必要」
「身近に中国人がいる」
「漢字が大好き」

などなど、小さなきっかけがあればそれで十分。

飛び込んでみた世界には、それを上回る無限の楽しみが詰まっています。

でも、きれいごとだけでは身につかないのが外国語の辛いところ。

勉強は苦労の連続です。

発音の習得、文法の学習、地道な練習がいつまでも続きます。

長い長い道のりは、誰も代わりに歩いてくれません。

自分で勉強するしかありません。

私は、そんなときに応援し、叱咤激励し、上達を喜び合える存在でありたい。

当教室では、語学を学ぶ目的を達成することはもちろん、「中国語を学ぶことそのものが楽しい」と思えるようなレッスンを心がけています。

一緒に、中国語の広大な世界に飛び込んでみませんか?

 

 

南天中国語研究所  講師 岡本悠馬

ブログ

中国語の表現力が身につく本―『中国語学習シソーラス辞典』

『中国語学習シソーラス辞典』(相原茂・編 朝日出版社)という一冊を紹介します。 「シソーラス」というのは類語辞典のことで、必要な表現を見つけ出すために単語同士の関係性によって分類を行い、体系づけた辞典をいいます。 &nb …

はみがき模型で発音指導!

  4月です。 出講先の大学でも、新入生が入り、まっさらな気持ちで中国語に触れる学生との出会いがありました。 この時期は、新しい外国語に触れる学生たちのキラキラした眼差しがまぶしくて、はりきってしまいます。 中 …

会話と読解の両方が学べる―『日本人が知りたい 中国人の当たり前』

最初のテキストを終えて、文法事項をひととおり学習した生徒さんの授業で使っているテキストを紹介します。 『日本人が知りたい 中国人の当たり前』(林松濤、王怡韡、舩山明音 著、三修社)という本です。 三修社からシリーズで出て …

今、できることを続けること―『二人会』に参加してきました

昨日、東京と関西で中国語原書会を主催されているAyumiさんと天天さんによる、「二人会」に参加してきました。 「原書会」というのは、参加者同士がそれぞれのおすすめ書籍を持ち寄り、その魅力を存分に語り合うという会のことです …

よくあるご質問

半年でHSK3級に合格 ―「生徒さんの声」を更新しました

当教室で初級から中国語を勉強されている生徒さん(30代・女性)からの声をご紹介いたします。     この生徒さんは、月2回通学されています。 学習を始めて半年で、HSKの3級(300点満点中286点) …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 南天中国語研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.